☆ 相互リンク ☆

*空き状況検索はweb限定メニューをクリックしていただくと確認することが可能です。web限定メニュー以外、または2回目以降のご予約の方は予約状況確認後、ご予約またはお問い合わせフォーム、メールのいずれかにてご予約下さいませ。

> home > about ayurveda

アーユルヴェーダについて

ラサティア アーユルヴェーダ 東京

アーユルヴェーダは、インドの伝統医学で、サンスクリット語の「アーユス(aayus/生命)」と「ヴェーダ(veda/学)」を合わせた言葉です。

医学だけでなく、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでおり、約五千年の歴史は、各地の医学等に影響を与えたといわれています。

1970年代にはWHO(世界保険機構)により予防医学として認められており、現在は西洋医学の代替手段としても世界各地で利用されてもいます。

 

心、身体だけでなく、行動や環境をも含めた調和が健康にとって大変重要で、病気を治すのではなく、病気になりにくい心身を作り、健康を維持するという「予防医学」を基としています。

 

アーユルヴェーダは、5つの元素(土、水、火、風、空間)のバランスを取ることを健康としています。それらは、トリドーシャと言われる3つの生命エネルギー(ヴァータ、ピッタ、カファ)に分けられますが、個人の体質は単一であることは稀で、通常は複合的な性質をあわせもっています。

また、ドーシャは、年齢や季節、1日の時間帯によっても変化するため、生まれ持った質(プラクリティー)、現在の性質(ヴィクリティー)だけでない考慮が必要です。

このドーシャのバランスを取ること、そして消化が正常に行われることが、オージャスに繋がり、心身が健康であることとしています。

 

さて、みなさんはヴァータ・ピッタ・カファのどの性質が優性でしょうか・・・♪

 

体質チェックは→こちら(JIVA JAPANの体質チェックです)

  Vata(ヴァータ)

アーユルヴェーダ ラサティア ヴァータ 東京

サンスクリット語でヴァータは「」を意味します。

ヴァータの構成元素は、空間

 

ヴァータの性質は、乾燥・冷たい・身軽・自由・不規則・・・・など。

この性質を多く持つ人は、情報通で好奇心旺盛です。また、風の強い日もあれば弱い日もあるというような不規則性な動きにより、食生活のリズムが乱れやすくなったり、睡眠も浅くなったり、また不安を感じやすいという特徴があります。ヴァータが増加すると便秘・乾燥肌・不眠・関節炎などを招きます。

 

  Pitta(ピッタ)

アーユルヴェーダ ラサティア ピッタ 東京

サンスクリット語でピッタは「燃える」を意味します。

ピッタの構成元素は

 

ピッタの性質は熱い・鋭い・若干油性・・・など。

この性質を多く持つ人は、物事の考え方に筋が通っていて、自分をしっかりと持っている方です。人の先頭に立つ方が多く、統率力があります。燃えるを意味するように、体質的にも消化力が強く、食欲旺盛です。そのため空腹感も強く、イライラや怒りが表に出ることがあります。ピッタが増加すると皮膚疾患・発熱・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などを招きます。

 

  Kapha(カファ)

アーユルヴェーダ ラサティア カファ 東京

サンスクリット語でカファは「まとめる」を意味します。

カファの構成元素は

 

カファの性質は冷たい・安定・重い・なめらか・・・など。

この性質を多く持つ人は、包容力があり、安定感があります。ゆっくりであるがコツコツと確実に仕事を進めることが出来る方です。その一方、まとめるを意味するようにエネルギーをため込むため、むくみやすく、太りやすい、だるくなりやすい傾向があります。カファが増加すると喘息・咳・花粉症・肥満・消化力の低下などを招きます。